知覧特攻平和会館と戦艦ミズーリ記念館の姉妹館提携で開かれたリモート締結式。左から2人目は塗木弘幸南九州市長、画面は戦艦ミズーリ記念館保存協会のポール・ダイソン副会長=15日、鹿児島県南九州市

 記念館として米ハワイの真珠湾に係留されている戦艦ミズーリ(戦艦ミズーリ記念館提供)

 太平洋戦争末期に特攻で犠牲になった隊員の遺書や遺品などを展示する知覧特攻平和会館(鹿児島県南九州市)が、戦艦ミズーリ記念館(米ハワイ州)と姉妹館提携を結び、15日にリモート締結式が開かれた。当初は4月にハワイで開催する予定だったが、新型コロナの影響で延期となり、オンライン形式で行った。

 ミズーリは1945年4月、鹿児島沖で旧日本軍の特攻機の攻撃を受け、その後、日本の降伏文書調印式の場にもなった。攻撃の跡が残る船体は現在、記念館として真珠湾に係留されている。

 特攻平和会館の朝隈克博館長は「敵対した国の資料館同士が連携することに大きな意味がある」と話した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加