「光復節」の式典で、演説する韓国の文在寅大統領=15日、ソウル(聯合=共同)

 【ソウル共同】韓国の文在寅大統領は15日、日本の植民地支配からの解放を記念する「光復節」の政府式典で演説し、元徴用工訴訟で日本企業に賠償を命じた韓国最高裁判決は「最高の法的権威と執行力を持つ」と述べ、尊重する考えを強調した。これに基づき「被害者らが同意できる円満な解決策」を目指す意向も示した。

 問題解決のため「いつでも日本政府と対座する準備ができている」と述べ対話を呼び掛ける一方、日本政府が求める具体的な対応には言及しなかった。一層の関係悪化の回避を図りながら元徴用工問題では妥協しない姿勢を改めて示した形だ。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加