「座禅に親しむ教室」が22日、唐津市半田(はだ)の常楽寺(村上元明住職)であった。市内外から小学1~6年生40人が参加し、静かに足を組み自分の心と向き合った。 子どもたちは鐘の音を合図に座禅を始めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加