靖国神社へ参拝に訪れた小泉環境相=15日午前、東京・九段北

 靖国神社へ参拝に訪れた萩生田文科相(中央)=15日午前、東京・九段北

 小泉進次郎環境相、高市早苗総務相ら4閣僚が15日、東京・九段北の靖国神社を個別に参拝した。終戦の日の閣僚参拝は4年ぶりで、4人は安倍政権で最多。安倍晋三首相は、自民党総裁として玉串料を私費で奉納した。13年から8年連続で同じ対応。参拝は見送る。

 靖国神社には、極東国際軍事裁判(東京裁判)のA級戦犯が合祀されており、首相が13年12月に参った際には中国と韓国が非難した経緯がある。4閣僚参拝には、覇権主義的な動きを強める中国に自民党内で反発が出ていることなどが背景にありそうだ。

 参拝したのは小泉、高市両氏のほか、萩生田光一文部科学相と衛藤晟一沖縄北方担当相。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加