隠れ家カフェや体験プランなど、知る人ぞ知る町の良さを満載した「基山町おもてなしMAP」=基山町

 新型コロナで首都圏などへの移動自粛も呼び掛けられる中、佐賀県基山町は「Stay Kiyama」で町内にいながら地元の魅力を再発見してもらおうと「基山町おもてなしMAP」を作成した。魅力的なカフェなど、知る人ぞ知る情報を1枚のイラスト地図に盛り込み、「地元経済の活性化にも役立ってくれれば」と町担当者は話す。

 マップはA3判両面カラーで「隠れ家・個性派カフェ」、酒蔵見学やアート体験、寺ヨガなどができる「体験プラン」、ツツジや紅葉の名所で知られる大興善寺などの「お寺・神社めぐり」、「中心市街地」をミニコーナーで紹介。町が特産化を図るエミューも「完全ガイド」として飼育の様子が見られる場所、エミュー料理が食べられる店、加工品の販売店などを掲載している。

 裏面には町内さまざまなジャンルの店舗を電話番号入りで掲載した。スペースが限られる中、二次元コードを使うことで関連サイトから詳しい情報が得られるよう工夫も取り入れた。

 新型コロナ対策に伴う国交付金を利用し、7月から企画・編集を始め、8月1日に町広報と一緒に約7千部を全戸配布した。地元に詳しい主婦らでつくるローカルメディア「大字基山」の協力を得ることで、短期間で深い情報を盛り込むことができた。

 マップは町内の駅や図書館、高速道パーキングエリアでも配布している。町担当者には、飲食店などから「反応があった」と好評の声が届いているといい「今後は、移住体験者らにも配り、町の魅力を発信していけたら」と話している。(樋渡光憲)

このエントリーをはてなブックマークに追加