第六章 三軍暴骨(五十二) 明治十三年の十二月には、伊藤も意見書を提出する。ここには立憲政体を肯定はするものの、時期尚早という主張で貫かれていた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加