純米酒「東鶴 生酛造り生 あおあお」東鶴酒造

しめなわ酒店の新ヶ江一守店主に聞きました。

 

 毎年、秋に出る熟成酒「実のり」の生酒バージョン。生酒ならではの爽やかなうまみ、みずみずしい酸味、切れ味の良さがあります。ワサビを添えたマグロの刺し身と相性が良く、食中酒としてお薦めします。

 ラベルの絵は、嬉野市在住の姉妹アートユニット「ちえちひろ」さんが描きました。収穫前の青々とした稲穂は今の季節にぴったりです。(720ミリリットル 1650円)

このエントリーをはてなブックマークに追加