来年の中体連で団体戦地区優勝を目指す武雄中男子ソフトテニス部

 3年生が引退後、新体制になって約1カ月ですが、暑い夏の練習も元気に取り組んでいます。現在、部員は1年生22人、2年生34人の大所帯です。来年の中学総体では「団体戦地区優勝を目指す」と意気込んでいます。

 新キャプテンの小池拓斗さんは「入学と同時に興味を持ち入部した。テニス部は楽しい。部員をまとめるのは大変だけど、これから頑張りたい」と意欲を見せています。副キャプテンの一人でサッカーから転身したという相良京之介さんは「体を動かすのが好き。みんなも楽しいと思える部活にしていきたい」と話します。(地域リポーター・永松直子=江北町)

このエントリーをはてなブックマークに追加