12日、ホルムズ海峡近くでイラン海軍がタンカーを拿捕した様子を記録したとする映像の写真(米中央軍提供、AP=共同)

 【テヘラン共同】イラン海軍は12日、中東ホルムズ海峡近くでリベリア船籍の石油タンカーを一時拿捕した。AP通信が13日、米軍当局者の話として報じた。原油輸送の大動脈である同海峡周辺では昨年、商船が攻撃されたり拿捕されたりする事件が相次ぎ、米国とイランの間で軍事的緊張が高まった。

 中東地域を管轄する米中央軍は、イラン軍のヘリコプターから隊員がロープを伝ってタンカーに降下する様子を記録したとする白黒映像をツイッターに投稿した。場所は公海上で、イラン艦船2隻も拿捕に加わったとしている。

 米軍当局者によると、タンカーは約5時間後に解放された。拿捕の理由などは不明。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加