コラム写真

 先日、5歳(年長)の長女とランドセルを買いに行きました。

小学校に行きたいと待ち望んでいる姿、憧れのランドセルを選んでいる姿、実際に持ってみてワクワクしている姿、2キログラムほどの重りを入れても、「大丈夫、ちゃんとできる」って強がる姿。ランドセルを選ぶことは、本人にとっては人生で一度きり、最初で最後!

 あんなに小さかった、つい最近まで赤ちゃんだった長女が、あっという間にこんなに大きくなった。うれしくもあり、寂しくもあるパパとしての正直な感想。

 帰宅して、お風呂に入って長女に声をかけ、パパの正直な感想を伝えた♪ 長女が気になったのは、「うれしくもあり、寂しくもある」の、この「寂しくもある」のところ。「なんで寂しいと?」って(笑い)

 もちろん、大きくなってメチャクチャうれしいんだよ! でもさ、あんなに小さくて抱っこしたりオムツを替えたり、そんなまはろ(長女)にはもう二度と会えないからさー。

 そしたら長女が顔を伏せて黙りこむ。え?! 「こっちの方が涙が出てきた」って長女の目に涙が…すぐにぎゅっと抱き締めたって話。

 ママだけではなく、パパの立場からもしっかりと向き合って、わが子に想(おも)いを正直に伝えていくこと。これからも大事にしようって思った! パパとして、パパだからできる足跡を♪

(パパ記者・片桐亮=いまパパ~いまりパパネットワーク~代表)=片桐さんのコラムは随時掲載しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加