玄海町町民会館で開かれている絵手紙教室の受講生

 玄海町町民会館の「絵手紙教室」は川﨑博美先生(70)の指導の下、月1回開かれている。会員12人が画材となる季節の花や野菜を持ち寄り、送りたい人への思いを込めて絵や文字をしたためる。スマホやパソコンで気軽に連絡を取り合える今、面と向かって伝えられないことでも絵手紙に託して伝えられる。コロナ禍、帰省自粛を余儀なくされている方も多いはず。こんな時だからこそ、心温まる絵手紙を送ってみるのもいいかも。生徒募集中。毎月第1金曜の午前10時~正午。(地域リポーター・山口直子=玄海町)

 

 寺井 さよのさん(60)

 月1回のリフレッシュ。下手でもいいんです。楽しく参加させてもらっています。

 

 井口 眞弓さん(66)

 送る相手を思って書く時もありますが、自分へのメッセージとして書くことも多く、癒やされています。

 

 宮﨑 和子さん(68)

 下手でいい、の言葉に誘われて参加しています。孫たちに送るとうれしそうに電話をくれたり、返事をくれたりするのが何よりの励みになります。

 

 正木 やよいさん(70)

 習い始めて4年目ですが、毎回新たな発見があり、参加するのが楽しみです。皆さんとおしゃべりするのももう一つの楽しみです。

 

 上田 雅子さん(64)

 絵手紙のゆったりした時間が日々の心の疲れを吹っ飛ばしてくれます。月に1度の楽しい自分だけの時間です。

 

 和田倉 久子さん(62)

 農作業の合間に自分の時間を持ちたくて参加しています。リフレッシュできて楽しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加