上峰町役場

 三養基郡上峰町は12日、イオン上峰店跡地を含む中心市街地の再開発で、事業への参加に向けて応募した23事業者を公表した。11月上旬までに選考し、12月に町と合同会社を設立する。

 内訳は町外が10事業者、町内が13事業者。10月上旬までに企画提案書を提出し、町などが審査、選考をする。協力事業者が決定すると共同開発協定を経て、開発への行政の関与が強まるLABV方式に基づく合同会社を設立する。

 武広勇平町長は「参加を表明した事業者は業種のバランスがよく、町内業者も多い。協力しながら事業を前に進めたい」と話した。(瀬戸健太郎)

このエントリーをはてなブックマークに追加