橋本市長(右)に目録を渡した(右2人目から)林社長、迎常務、中尾部長=鳥栖市役所

 冷凍・冷蔵倉庫の熱絶縁工事などを手掛ける鳥栖市永吉町の林保冷工業(林喜一郎社長)が、市内の子育て世帯への支援に役立ててもらおうと鳥栖市に100万円を寄付した。

 林社長と迎晶博常務、中尾貴章建築部長が6日、市役所を訪れ、橋本康志市長に目録を手渡した。林社長は「新型コロナで仕事に行けなかったり、子どもを預けるのが難しかったり、苦労を抱える若い子育て世帯を支援してほしい」と話し、橋本市長が謝辞を述べた。

 寄付金は、市こども育成課の事業などを通じて生かされる。(樋渡光憲)

このエントリーをはてなブックマークに追加