■「賛成」が6割以上 消費増税先送りの是非も今回の衆院選の大きな争点の一つ。先送りに「賛成」が39・7%、「どちらかといえば賛成」が27・4%で、合わせると6割以上が賛成と答えた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加