サッカー・J1サガン鳥栖の関係者7人について、新型コロナウイルスに感染したことが新たに確認されたと佐賀県が12日、発表した。金明輝(キンミョンヒ)監督のほか、選手1人、スタッフ1人の陽性も既に判明しており、サガン鳥栖関係で感染が確認されたのは計10人になった。

【関連記事】

ルヴァン杯・サガン鳥栖-広島戦中止 選手やスタッフら感染疑いで

J1鳥栖・スタッフ3人は陰性 金監督陽性で検査

新たに小城市の50代男性の感染確認 佐賀県内163例目

このエントリーをはてなブックマークに追加