人工知能(AI)の開発を手掛けている株式会社ユーザーローカルは8月11日、カメラに映った人がマスクを着用しているかを判定するWebサービス「マスク着用判定AI」を無料で公開しました。

 Webカメラが使えるパソコンから、指定されたURLにアクセスするだけで、この判定サービスを利用することができます。瞬時に顔の位置を捉え、マスクを着用しているかを判断して、着用が確認できなければ「マスクの装着をお願いいたします」と音声が流れます。

 これまで学校や店舗などの入り口に人が立ってチェックしていたことを、AIが画像判断した上で、注意まで呼び掛けるというものです。

 まず、カメラが使えるパソコンから「マスク着用判定AI」と検索。サイトにアクセスし「マスク判定する」をクリックすれば、すぐに稼働します。

 このコロナ禍で、人と人の接触をなるべく減らす方向に進んでいるため、今後ますますAIの出番が増えてきそうですね。(パソコンスクール経営)

このエントリーをはてなブックマークに追加