わき水の復活で知られる白石町の縫ノ池で21日夕、キャンドルナイトがあった。池のある川津地区の住民が、約1200個の灯ろうに火をともし、地域のシンボルである池の大切さに思いをはせた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加