新型コロナウイルスに関する佐賀県の会見=12日夕、県庁

 サッカー・Jリーグの村井満チェアマンは12日、オンラインで会見を開き、サガン鳥栖の選手1人とスタッフ1人の新型コロナウイルスへの陽性を確認したと発表した。このほか、7人に陽性の疑いがあり、最大で9人に感染の可能性があるという。

 複数名に「陽性」、または「陽性の可能性が高い」との診断や検査結果が出たことを受け、午後7時から開催予定だったルヴァン杯グループステージ・サンフレッチェ広島-サガン鳥栖は中止になった。

【関連記事】

ルヴァン杯・サガン鳥栖-広島戦中止 選手やスタッフら感染疑いで

J1鳥栖・スタッフ3人は陰性 金監督陽性で検査

新たに小城市の50代男性の感染確認 佐賀県内163例目

このエントリーをはてなブックマークに追加