嬉野市の嬉野温泉商店街で11日夜、一斉に線香花火を点火する催しが開かれた。恒例の「うれしの土曜夜市」や夏祭りが新型コロナウイルスの影響で軒並み中止になったことを受け、規模を縮小した代わりの催しを企画。「街の活気を」との願いが込められた明かりが、商店街の店先でやさしく明滅した。