台湾の李登輝元総統の遺影に花を手向けるアザー米厚生長官=12日、台北(中央通信社=共同)

 【台北、ワシントン共同】台湾を訪問中のアザー米厚生長官は12日、台北市で李登輝元総統の追悼場が設置された迎賓館「台北賓館」を訪れ李氏を追悼した。また同日電話記者会見し、新型コロナウイルス対策に関し「自由で開かれた民主主義の国は中国などの国よりも優れている」と述べ、中国の対応を批判した。

 李氏追悼には、台湾の呉ショウ燮外交部長(外相)らが同行した。台湾メディアによると、アザー氏は追悼後「李総統が築いた民主の遺産は永遠に米台関係を前進させます」とのメッセージを書き残した。台北市と隣接する新北市でマスク製造機器を生産する工場も視察した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加