「黒い雨」訴訟で控訴したことについて取材に応じる加藤厚労相=12日午前、厚労省

 広島市への原爆投下直後に降った放射性物質を含んだ「黒い雨」を巡り、国の援護対象区域外にいた原告84人全員(死亡者含む)を被爆者と認めた広島地裁判決について、加藤勝信厚生労働相は12日、広島県、広島市と共に控訴したと表明した。控訴理由を「十分な科学的知見に基づいたとは言えない判決だ」と述べた。

 一方、援護対象区域については「地域拡大も視野に入れ、検証を進めたい」と表明。「対象者の高齢化が進んでいる。可能な限りの検証を行うよう事務方に指示した」と述べた。厚労省は検証に向け、専門家を含めた組織を立ち上げる方針で、区域拡大に向けた議論も行われる見通しとなった。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加