サガン鳥栖の金明輝監督

 サッカー・J1サガン鳥栖は11日、金明輝(キン・ミョンヒ)監督(39)が、新型コロナウイルスのPCR検査で陽性と確認されたと発表した。濃厚接触者はスタッフ3人で、選手らに症状は出ていないが、クラブは選手やスタッフ、社員ら計89人を対象に、独自に検査を実施した。結果は12日昼ごろに判明する予定。

 クラブによると、金監督は8日昼に体に違和感を覚えたが、発熱やせき、味覚障害などの症状はなかったため、同日夜のリーグ戦・鹿島アントラーズ戦を指揮した。9日に佐賀に戻った後に倦怠(けんたい)感があり、夜になって38度の熱が出た。10日朝は平熱に戻り、チーム練習に参加した後、佐賀県内の医療機関で検査を受けて陽性と分かった。

 金監督は県内の指定医療機関に入院中で、11日は36度台の平熱。県によると、金監督の濃厚接触者とされた家族3人はPCR検査で陰性が確認された。クラブは、金監督と9日にミーティングをしたスタッフ3人を濃厚接触者として自宅待機とし、クラブハウスを消毒、11日のチーム練習も取りやめた。

 オンラインで会見した竹原稔社長は、金監督が試合当日に体調に違和感を覚えていたのを把握したのは、陽性と判明した後だったと説明した。「連戦の疲れや暑さによる熱中症、試合前の緊張でも体調に変化が出るので(症状を)見分けることが難しい」とし、「捉え方が甘かったということについては精査して、前の段階で止めるべきであったかは、クラブとして考えなければならない」と述べた。

 12日に広島市で行われるルヴァン杯のサンフレッチェ広島戦は、選手らの検査結果が判明次第、Jリーグのガイドラインにのっとって開催可否が判断される。竹原社長は「濃厚接触者は確認されており、開催はできると思っている」との見解を示した。結果が出るまで選手らは移動を控え、自宅で待機する。試合の指揮は当面、桑原勇斗コーチが代行する。(山口源貴)

【関連記事】

バルーナーズ選手も1人陽性 県外で生活し感染

マスク越し再会 佐賀県内、迷いと不安の帰省

マスクで熱中症に? 夏のコロナ対策と「新しい生活様式」

このエントリーをはてなブックマークに追加