鳥栖-FC東京戦で指揮を執るサガン鳥栖の金明輝監督=東京都の味の素スタジアム、2020年8月1日

 サッカーJ1・サガン鳥栖は11日、金明輝(キン・ミョンヒ)監督が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性と確認されたと発表した。これまでのところ選手やスタッフで感染が疑われる症状がある人はいない。

 サガン鳥栖によると、金監督は8日昼に体調不良になり、9日に倦怠感を覚え、夜に38度の熱が出た。10日に佐賀県内の医療機関で検査を受け、陽性と判定された。11日は36度台の平熱に戻っている。

 スタッフ3人を濃厚接触者として隔離し、クラブハウスの消毒を行っている。選手に濃厚接触者はいないが、念のため11日、選手や他のスタッフら全員にPCR検査を実施している。

【関連記事】
このエントリーをはてなブックマークに追加