準々決勝・神埼球友ク-諸富南少年 2回裏諸富南少年2死三塁、右前適時打を放つ中島乃愛=佐賀市のみどりの森県営球場

神埼球友(神埼市) |00000|0

諸富南少年(佐賀市)|4601×|11

           (五回コールド)

(神)副島、木村-島崎英

(諸)野中大-古川武

▽二塁打 島崎英(神)

 

 諸富南少年は神埼球友を11-0で抑え、五回コールド勝ちした。

 初回、四球で出塁した1番大木から足でつなぎ、相手失策や7番中島乃の中前打などで4点を先制。二回も5番古川らの3連打などで快勝した。

 神埼球友は序盤の大量失点が響き、攻撃のリズムをつかめなかった。

 

 諸富南少年の7番中島乃愛が、勝負強いバッティングを見せた。2安打3打点の活躍でチームの4強進出に貢献した。

 初回、敵失を突いて仲間が先制し、「流れはこちらにあった」。3点リードの1死二、三塁で迎えた第一打席、中前打で追加点を奪い、流れをつないだ。「サイン通りできっちりできた」と適時打を振り返り、野中秀紀監督も「うまく転がってくれた」とたたえた。

 二回にも1死満塁の好機に右前打で2点を追加した。それでも中島は「相手のミスがなかったら接戦になっていたかもしれない」と冷静に分析し、「次も勝利を」と意欲を見せた。(中島佑子)

このエントリーをはてなブックマークに追加