橋本康志市長(中央)を表敬訪問した原慎也さん(左)と堀越健介さん=鳥栖市役所

 唐津市に拠点を置く3人制プロバスケチームの「カラツレオブラックス」が4日、鳥栖市の橋本康志市長を表敬訪問した。チーム運営会社の社長兼チームキャプテンの原慎也さん(36)と堀越健介さん(39)が訪れ、学校訪問やミニバスケ教室など、できることから交流を呼び掛けた。

 原キャプテンらは3人制バスケやチームの活動を紹介し、「鳥栖の街なかはサガン鳥栖の応援がすごくて、うらやましい」とも。橋本市長は「プロスポーツはまちを元気にする。いい刺激を与えていただければ」と激励した。

 カラツレオブラックスは、活動への応援メッセージを得ようと、県内20市町を回り、橋本市長は「スポーツで九州を元気に!!」というメッセージを寄せた。この日は上峰町も訪問した。(樋渡光憲)

このエントリーをはてなブックマークに追加