長崎新聞社が発行した、平和祈念式典の会場である平和公園の石畳の写真を印刷した特別紙面=9日午後、長崎市

 長崎新聞社(長崎市)は「原爆の日」の9日、平和祈念式典の会場である平和公園(同市)の石畳の写真を印刷した特別紙面を発行した。今年の式典は新型コロナウイルス禍を受けて規模が大幅に縮小。会場に行けない人も「平和公園にいると想像しながら自宅などで黙とうできるように」と企画した。

 写真は、原寸大の石畳の一部を撮影したもので、9日付朝刊を特別紙面で包んだ「ラッピング紙面」とした。

 紙面を使った黙とうなどを写真や文章で記録し、「#8月9日に想像したこと」とハッシュタグ(検索用の目印)を付けて会員制交流サイト(SNS)で投稿してほしいと呼び掛けた。紙面と同じ写真をインターネットでダウンロードすることもできる。アドレスはhttps://nagasakiheiwa2020.studio.design/

このエントリーをはてなブックマークに追加