第六章 三軍暴骨(四十八) 「元禄時代の豪商の紀伊國屋文左衛門(きのくにやぶんざえもん)の屋敷があったそうですが、その没落後、下総(しもうさ)関宿(せきやど)藩主の久世(くぜ)氏の下屋敷になっていた…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加