台風5号は10日、東シナ海を北上し、九州北部に接近した。10日夜にかけて暴風や高波、大雨による土砂災害、浸水、河川の増水の恐れがあり、気象庁は警戒を呼び掛けた。台風は対馬海峡付近から朝鮮半島に進み、11日には日本海で温帯低気圧に変わり、北海道に接近する見通し。局地的に激しい雨が降りそうだ。

 気象庁によると、台風の北上に伴い、九州北部は風が強まる。予想される最大風速(最大瞬間風速)は23メートル(35メートル)、波の高さは6メートル。11日午前6時までの24時間予想雨量は多い地域で四国250ミリ、九州北部120ミリ。その後の24時間は北海道で100~150ミリ。

 台風5号は10日午前9時現在、長崎県五島市の南西約130キロを時速約50キロで北北東に進んだ。中心気圧は996ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は23メートル、最大瞬間風速は35メートル。中心の南東側520キロと北西側220キロは風速15メートル以上の強風域。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加