小城市情報アプリ「OgiOgi」のトップ画面。暮らしに関わる情報を入手できる

 小城市の情報アプリ「OgiOgi(オギオギ)」の運用が始まった。市と民間2社が共同で開発したサービスで、アプリストアから無料でダウンロードし、防災や買い物といった暮らしに関わる情報をスマートフォンなどで入手できる。

 新着情報はトップ画面に表示され、「暮らし・子育て」「ショッピング」などの分野別に検索できる。気象警報や避難などの防災情報は、アプリを起動していなくても自動で受信し、防災無線の内容も文字情報で確認できる。

 「まいぷれ」という地域情報サイトの内容をアプリに集約し、市がホームページに掲載している情報に加え、約40の登録事業者の事業内容やサービスを紹介している。掲載店舗は随時、増やしていく。

 官民が別々に発信している情報を一元化して、市民の目に触れる機会を増やそうと開発した。同様の情報をアプリで発信する取り組みは県内で初めてという。市総合戦略課は「使って便利だと思ってもらえるように中身をバージョンアップしていきたい」と話す。(谷口大輔) 

このエントリーをはてなブックマークに追加