暦の土用は四季ごとにあるが、多くは立秋前の夏の土用を指す。この時期の天候が稲作に大きく影響すること、それにもまして土用の丑(うし)の日にウナギを食べる習慣があるからだろう◆広まったのは江戸中期。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加