爆発的噴火を起こした桜島・南岳=9日午前5時41分、鹿児島県垂水市(鹿児島地方気象台提供)

 9日午前5時38分ごろ、桜島(鹿児島市)の南岳山頂火口で爆発的噴火があり、噴煙の高さが火口から5千メートルに達した。鹿児島県などによると、霧島市などでわずかな降灰があった。けが人や建物被害は確認されていない。南岳山頂火口では昨年11月に5500メートルの噴煙が上がり、今年6月の噴煙は7850~9570メートルと推定されている。

 鹿児島地方気象台によると、南岳山頂火口の爆発的噴火は今年197回目。先月上旬以降は灰がまざった噴煙がなく、約1カ月間で蓄積した火山灰が放出されたとみられる。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加