防衛省の槌道(つちみち)明宏九州防衛局長は28日、佐賀県庁と佐賀市役所を訪れ、米軍普天間飛行場(沖縄県)の海兵隊の暫定移転を含め、佐賀空港への新型輸送機オスプレイ配備方針をあらためて説明した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加