佐賀県は8日、新型コロナウイルスの検査で前日に陽性と発表した鳥栖市の40代男性について、陰性だったと訂正した。検査を委託した鳥栖保健福祉事務所管内の医療機関が結果を電子カルテに記入した際、入力ミスがあった。男性は他の陽性患者と医療機関に入院したが、8日に退院した。

 県によると、医療機関は7日に7件の検査を実施し全て陰性だったが、男性1人の結果を誤って陽性と入力した。同日夜に医療機関内の会議でミスが分かり、県に報告して男性に謝罪した。8日に医療機関と県が再検査し、陰性だったため男性は退院した。入院時に個室だったことなどから、院内での感染の可能性はないとしている。

 今後は結果を二重に確認し、主治医に電話で連絡するなどして再発防止に取り組む。県の野田広医療統括監は「厳しく指導したい」と話した。(大橋諒)

このエントリーをはてなブックマークに追加