さが・こども未来応援プロジェクトの山田健一郎実行委員長(右)に目録を渡す佐賀キワニスクラブの大嶋公子会長=佐賀市のまちなかオフィスTOJIN館

 子どもへの奉仕活動に取り組む「佐賀キワニスクラブ」(大嶋公子会長、23人)は4日、佐賀市のさが・こども未来応援プロジェクト実行委員会(山田健一郎実行委員長)に20万円を寄付した。子どもの居場所づくりに活用してもらう。

 寄付金はクラブの活動費を充てた。佐賀市のまちなかオフィスTOJIN館であった贈呈式で、大嶋会長は「子ども食堂、居場所づくりなどを支援されており、少しでもお手伝いができれば」とあいさつした。目録を受け取った山田委員長は「寄付金を団体に直接渡すだけでなく、助成金の原資にも充てたい」とお礼を述べた。

 同クラブは、県内の企業経営者や弁護士などで構成する。子どもへの支援やボランティアに取り組み、バルーンの搭乗体験や小児科病棟での夏祭りなどを実施している。(松田美紀)

このエントリーをはてなブックマークに追加