95回目の紺綬褒章を受け取った古賀常次郎さん(中央)=県庁

 教育振興や社会福祉の活動に多額の寄付をしている古賀商事会長の古賀常次郎さん(81)=佐賀市=が7日、紺綬褒章の伝達を受けた。2019年度、県の青少年育成に関する事業に500万円を寄付したことを受け、県男女参画・こども局の甲斐直美局長が手渡した。

 古賀さんの紺綬褒章の受章は今回で95回目。旭日双光章、総務大臣表彰なども合わせると100回目となった。

 甲斐局長は、古賀さんが叙勲、褒章の受章回数でギネス記録を持っていることに触れ、「世界一の活動を続けておられることに敬服している」とお祝い。古賀さんも「やると決めたことを頑張ってきた自分を褒めたい」と話した。(藤本拓希)

このエントリーをはてなブックマークに追加