7日、旅客機が大破したインド・コーリコードの空港で、救助活動に当たる隊員ら(ゲッティ=共同)

 着陸に失敗し、大破したエア・インディア・エクスプレスの旅客機(ロイター=共同)

 【ニューデリー共同】インド南部ケララ州コーリコードの空港で7日夜、アラブ首長国連邦のドバイから到着した格安航空会社(LCC)エア・インディア・エクスプレスの旅客機ボーイング737が着陸に失敗し、大破した。PTI通信などによると、乗客乗員190人全員が病院に搬送され、機長と副操縦士を含む18人が死亡、負傷者は100人を超えた。

 PTIなどによると、空港周辺では激しい雨が降っており、滑走路で停止できずに斜面を落下。機体は二つに分かれ、地元当局が乗客らの救助活動に当たった。乗客の証言などから、同機は着陸をやり直していたとみられる。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加