佐賀県内で確認された感染者の概要を説明した井田政和健康増進課長(手前)=7日夕、県庁

 佐賀県は7日、神埼市の10歳未満の男の子を含む80代までの男女8人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。前日に陽性と判明した佐賀市の10歳未満の男の子は園児で、ウイルス検査で園の関係者ら約50人の陰性を確認した。これまでに県内で感染が確認された10歳未満の子どもは計3人になった。

 県によると、新たに感染が確認されたのは、神埼市の10歳未満の男の子と、佐賀市の20~80代の男女4人、小城市の50代女性、鳥栖市の10代男性と40代男性。神埼市の男の子は、5日に陽性が判明した市内の10歳未満の女の子の関連で検査した。

 6日に感染が確認された12人の概要も発表した。佐賀市の20代女性は、陽性だった市内の10歳未満の男の子の母親だった。医療機関に勤める唐津市の女性職員は、7月末に福岡県内で友人と過ごしていた。

 県内での感染確認は11日連続で、延べ141人になった。(円田浩二)

このエントリーをはてなブックマークに追加