新たにアスパラガスの栽培に取り組みたい人を対象にしたセミナーが9月13日、佐賀市で開かれる。アスパラは初期投資が少なく新規就農者でも育てやすく、当日は栽培の現場に出向いて農家の話を聞くほか、就農に向けた支援制度の説明などがある。

 後継者不足に悩む地区の産地を支援しようと、JAさがと県が佐賀、多久、小城市在住で就農を希望する人向けに開く。米麦などの農家で新たにアスパラを作付けしたい人も対象になる。

 当日は午前9時から佐賀市本庄町鹿の子のJAさが中部地区営農経済センターで受け付け。現地研修としてアスパラのハウスで収穫体験をした後、JAの担当者が経営に向けての必要事項や活用できる支援制度などについて説明する。

 参加は無料。希望者は事前に所定の用紙で申し込む。問い合わせはJAさが佐城北部営農経済センター園芸指導課、電話0952(72)5137へ。

このエントリーをはてなブックマークに追加