佐賀県議会の議会改革検討委員会(7人)は7日、本年度の議題である議会運営に関し、業務の現状を県執行部から聞き取った。

 委員会は非公開。向門慶人委員長によると、政策部の進龍太郎部長から一般質問の打ち合わせの業務量や、質問終了時間延長に伴う職員の残業の状況などを聞き取ったという。

 前回、各会派から持ち寄った検討項目も精査した。次回以降、議論する項目を確定し、議論を本格化させる。(円田浩二)

このエントリーをはてなブックマークに追加