決勝・敬徳-龍谷 延長13回、サヨナラ勝ちで笑顔がはじける龍谷ナイン=佐賀市のみどりの森県営球場

 佐賀県高校総合体育大会と全国高校野球選手権佐賀大会の代替(だいたい)大会「SSP杯(はい)県高校スポーツ大会」が4日、閉幕しました。6月13日に開幕し、高校生アスリートたちが31競技33種目で2カ月近くにわたって熱戦を展開。最終日は佐賀市のみどりの森県営球場で野球の決勝があり、龍谷が優勝を果たしました。
 大会は、新型コロナウイルスの影響(えいきょう)で集大成の場を失った高校3年生に新たな舞台(ぶたい)を用意しようと、県、県教育委員会、県高校体育連盟、県高校野球連盟の4者が主催(しゅさい)し、全国に先駆(さきが)けて実施(じっし)にこぎ着けました。感染(かんせん)対策のために無観客となった競技は、県や佐賀新聞社などが試合映像をオンライン配信する新たな試みも行われました。
 長(なが)梅雨(つゆ)で当初の予定から5日遅(おく)れとなった野球の決勝は、延長十三回タイブレークの末、龍谷が8-7で敬徳にサヨナラ勝ちし、2015年以来となる夏の頂点に立ちました。(5日付1面)

このエントリーをはてなブックマークに追加