結成70年を迎えたゴタール会。大作など72点が並ぶ=唐津市近代図書館

結成70年を迎えたゴタール会。大作など72点が並ぶ=唐津市近代図書館

 今年で結成70周年を迎えた絵画グループ「ゴタール会」の絵画展が、唐津市新興町の市近代図書館で始まった。会員たちの個性あふれる画風で来場者の目を楽しませている。9日まで。

 同会は1950年に結成。グループ名はアマチュア愛好家の集まりから「絵のごたる」をもじった。「ごたる」は方言で「~のような」を意味する。現在は40~90代まで会員28人が集まり、年2回絵画展を開く。

 近作など72点が並ぶ。玄海町の藤井節さんによる「のぞきたかった窓・だんらん」は、作者のメルヘンチックな世界観が画面いっぱいに広がる。同市浦の古瀬博会長(82)は肥前町の棚田を描き、鮮やかな色使いに引き込まれる。

 新型コロナウイルスの影響で約2カ月、開催を延期にした。古瀬会長は「外出自粛でかえって制作に集中できた人も。いい作品がそろった」と笑顔を見せた。(横田千晶)

このエントリーをはてなブックマークに追加