分科会による帰省に関する提言のポイント

 お盆の帰省を巡る知事らの主な発言

 記者会見する新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長=5日午後、東京都内

 政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は5日、お盆休みの帰省について記者会見し、十分な感染症対策ができない場合は、慎重な判断を国民に促すよう政府に提言したことを明らかにした。尾身氏は「(対策が難しければ)帰省はできれば控えていただきたい」と述べた。

 尾身氏の後に会見した西村康稔経済再生担当相は、分科会の提言に同意する考えを示した上で、「一律の自粛を要請するものではない」と話した。感染者が増えている地域との往来を控えるよう求めている一部の知事のメッセージも考慮して帰省を判断するよう国民に呼び掛けた。

 提言は、お盆休みに帰省した場合、高齢者と接する機会や飲酒・飲食の機会が多くなると指摘。帰省する場合は、大声、3密(密閉、密集、密接)を避け、手の消毒など基本的な感染防止対策を徹底するよう求めた。高齢者が感染すると重症化リスクが高いとして、尾身会長は「特に大人数の会食を避けてほしい」と述べた。

 こうした対応が難しい場合や感染リスクが高い場所に最近行った人は、オンライン帰省に切り替えるなど慎重に考慮してほしいとした。

 政府は当初、7日ごろに開かれる予定の分科会で、帰省の在り方を議論する予定だった。しかし帰省時期が近づく中で分科会内部から、専門家として対応を急ぐべきだとの意見が出て、予定より早く提言を出したという。尾身会長は、分科会のメンバーが主体的に議論した結果だとしている。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加