大学時代の夏、本屋で背後に違和感を感じて振り返った。通路に私しかいないのに、やたら近寄ってかがもうとする目出し帽の男。手にはガラケーを開いている。まじまじと見つめると男は逃げ出した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加