鳥栖は前線からプレスをかけて主導権をにぎったが、得点できなかった。後半ロスタイムに失点し、0-1で敗れた。

 鳥栖はユース育ちの若手を多く先発させた。立ち上がりには、左サイドのFW兒玉とMF相良が連係してシュートに持ち込んだものの、枠を捉えきれなかった。30分、横浜FCのFW三浦が放ったヘディングシュートは、GK守田がしっかり守った。

 後半、鳥栖はFWレンゾロペスやFW石井を投入した。MF大畑のドリブル突破やFW林のプレスからチャンスは生まれたものの、シュートの精度が低く、相手ゴールを割ることはできなかった。試合終了直前に相手に隙を突かれ、クロスボールをMF瀬沼に頭で合わせられて決勝点を許した。

このエントリーをはてなブックマークに追加