みやき町中原校区老人クラブ連合会(森田英徳会長)が27日、3世代交流事業を行った。子どもとその保護者、お年寄りまで約600人が参加。ラジオ体操や朝食を共にし、“顔の見える地域”の大切さと絆を確かめた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加