新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 【ジュネーブ共同】米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、新型コロナウイルス感染症による死者が5日、世界全体で70万人を超えた。感染が報告されてから7カ月余りで、三大感染症で2番目に死者が多いエイズの昨年の死者数69万人を上回った。

 最も死者が多いのは結核で、2018年に150万人が死亡。新型コロナの死者は、三大感染症で3番目に死者が多いマラリアの40万人を6月上旬に上回ってからも、1~3日で1万人増える状態が続いており、被害拡大の勢いは衰えていない。

このエントリーをはてなブックマークに追加