開発された立体マスク「θ(シータ)」(名古屋大提供)

 名古屋大と三井化学(東京)は5日、開発に取り組んでいた独自の立体マスク「θ(シータ)」が完成し、7日からインターネット上で先行予約販売を受け付けると発表した。再利用可能な樹脂製の本体に、使い捨ての不織布フィルターを取り付ける仕組み。

 名古屋大の堀克敏教授(生物工学)によると、マスク本体は洗剤やアルコールを使うことができる。フィルターの不織布の量は、一般的な不織布マスクの約10分の1でゴミを減らせる。長時間着けても痛くならないよう、本体を頬や鼻の骨とぶつからない形にし、使わない時は首に掛けられる。

 150日分のフィルターがセットで送料込み6400円。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加