4日、大規模爆発が起きたレバノン首都ベイルートの港湾地区(ゲッティ=共同)

 【カイロ共同】レバノンの首都ベイルートで4日に起きた大規模爆発で地元メディアは5日、死者が135人に達したと伝えた。負傷者は5千人を超えた。行方不明者も多いといい、死傷者はさらに増える恐れもある。地元テレビは治安当局筋の話として、化学物質を大量に保管していた倉庫での溶接作業が引火につながった事故の可能性があると伝えた。

 爆発から一夜明け、首都の広範囲な被害が判明。現場では捜索作業が続いた。

 地元テレビによると、爆発があった港の倉庫には押収した硝酸アンモニウム約2750トンを6年間保管。当局者は溶接の火花が引火、爆発と火災を引き起こしたとの見方を示した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加