うがい薬が品切れとなり、入り口に張り紙を張った佐賀県内の薬局=佐賀市

 大阪府の吉村洋文知事らがポビドンヨードの入ったうがい薬の使用を呼び掛けたことで、佐賀県内の薬局でも、うがい薬の品切れや客からの問い合わせが相次いだ。佐賀市内の薬局では4日午後3時には売り切れ、店の入り口に手書きの張り紙を掲示した。同店の責任者は「元々たくさんの在庫を抱えていなかったが、報道後すぐに売り切れてしまった」と話した。

 県内で調剤薬局を経営する会社にも、うがい薬の効果や在庫の有無といった客からの問い合わせが増え、在庫確認などの作業に追われた。(中島佑子)

【関連記事】
<新型コロナ>4日、佐賀県内で10~50代の男女7人感染 最長8日連続確認 延べ111人に
<新型コロナ>ゆめタウン佐賀、フードコート再開 マックとビビン亭、しばらく休業
県内、2週間で48人感染 「第1波」の実人数超える

このエントリーをはてなブックマークに追加