延長十三回裏、無死満塁。敬徳の2年生右腕・太田透天が投じたこの日174球目のストレートははじき返され、打球は左前にポトリと落ちた。学校として20年ぶりの夏の決勝だったが、初優勝は果たせなかった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加